週末養蜂の大敵

週末養蜂の大敵は週末、土日に雨が降ること。
特に春の建勢期に土日2日連続して雨が降り内検ができないと分封(分蜂)の危機にさらされます。
分封(分蜂)とは「ぶんぽう」と読みますが、新しい女王を作って、その新女王が誕生する直前に旧女王が群れの約半数を引き連れて巣を飛び出してしまうことを言い、これがこの時期に起きると・・・まあ、群勢がガクッと落ちて蜜を採るどころではなくなってしまいます。

なんだか今日、明日と台風並みの低気圧の通過で強風・波浪・大雨がどうのこうのと言っています。
こちらでも今日は朝から雨。風は強くないものの明日は風も強くなってどうも昼過ぎまで雨の予報。
こりゃやばい。

どうがんばってもお天気は変えられませんので自宅にてカビてしまった巣脾や無駄巣を溶かして蜜蝋作りをしていましたら3時過ぎに雨がやんできました。
急遽身支度して蜂場へ。少し雨がパラパラしてますけど今日は少しでも内検を進めておきたいということで内検強行しました。
自然王台を作ろうとしている群や、何故か変成王台を作っている群などがありましたが、ぜーんぶ潰しておきました。先週あたりから雄蜂がかなり増えてきましたので、彼女達は分封やる気満々なんですね。辺りが暗くなってきて雨も降り始めてきましたのでまだ半分も内検終わってないですが今日の作業は途中で終わりとしました。

前回ブログに書いた継箱失敗群ですが、今日内検したところ継箱には蜂も居ましたがやっぱり蜂が薄いですね。おまけに巣門前には大量の羽化前の蜂児が出されていました。
ざっと勝手に数えて100匹程度でしょうか?
やっぱり駄目だった蜂児も居たようですが、今まさに出房中の蜂も居たりして。
まだ蓋掛けされた巣房も残っていて日数的には・・うーんどうなんだろう。
もう少し様子見してみます。

明日も午前中は雨の予報ですが、雨が止んだら残りの群の内検をしなくてはなりません。
お願いですから雨止んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。