継箱を乗せる

今日は昨日と打って変ってポカポカ陽気でハチさん達も大乱舞してました。
なんだかこうやってハチさん達がブンブン飛び回ると人間も方もウキウキ・ワクワクしてきますよ。

さーて、今日は群勢の増えた群を継箱にしようと意気込んでいたんですがね、わずか6群だけ継箱にできたのみ。
後はまだまだ。

保温材として新聞紙に包んだ巣脾も新聞紙全部とっぱらいましたが、カビていて使い物にならなくなったものが結構出ました。これらはバラして蜜蝋にします。
毎年こんなんですけど、他所はカビた巣脾、どうしてるんでしょ?

今年は例年に比べて2週間くらい建勢が遅れている感じです。
採蜜群に仕立てられる群数も昨年に満たない予感がありあり・・・。
今年の採蜜量はかなり厳しいものになるかもです。

無王になって変成王台を作っていた群は新女王が誕生してました。他群に多量のオス蜂がいる群があるので無事に交尾成功してほしいです。この時期の女王交尾は初めての経験ですけど。

産卵停止して無王群と合同した群は、今の所やっぱり産卵してませんでした。
女王の体格は1、2を争うほどデカいんですけどね。
産卵量は体のデカさだけでは無いんですね。
まだまだわからないことだらけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。