蜜蜂の摩訶不思議 III   リー即ツモ

新女王蜂が産まれたは良いが中々交尾をしてくれない・・・。
良くある光景です。
最悪の場合にはそのまま未交尾で産卵開始してオス蜂製造群へとひた走ってみたりということもありました(泣)。

一方で・・・。

とある群。3週目の内検でも王台からの出房なく、王台を切り開いてみると女王蜂は蛹のまま死んでいた。他に王台は無い。

丁度新女王が誕生したばかりの別の群、取り除いた出房間近の王台が有ったので、それを巣脾にくっつけておいた。
これが日曜日の出来事。

6日後の土曜日、その群を内検すると、、、産卵してる。
女王蜂も居てお腹も大きくなって交尾完了したみたい。
おまけに孵化後2~3日程度の蛆までいる・・・?

卵は3日で孵化するから産卵始めてから5~6日経ってるってことですかい?

先週処置してからまだ6日しか経ってないよ。

ってぇことはナンですかぃ?王台入れたその日に新女王が出房して、速攻交尾飛行に出かけて、直後に産卵開始したってぇことですかぃ?

本当ですか?嘘でしょ?

ちなみに、この間に女王が行方不明になった群は一群もない。

事態に直面した本人ですら未だに半分信じていない。

でも、こんなことが実際に起こってしまうのだから蜂の世界は摩訶不思議だぁ。

“蜜蜂の摩訶不思議 III   リー即ツモ” への2件の返信

  1. 理解不能なミステリー、、、、そんなことが有る、、????
    内検から、、次の内検まで、その間にどんなドラマが幾度も起こってることを知らないで、最後の場面だけを見てびっくり、首をひねる、
    実際、内検してたら、隣の巣箱で予期せぬ分蜂が起こったり、、
    居るはずの女王が、いなかったり、、、
    事実は小説よりも奇なり、、、ですね。

  2. ナベショーさん、こんばんわ。

    無い頭一生懸命ひねりましたが、これは未だに何が起こったのかわかりません(笑)。

    まあ、そんなこともあるんだと言い聞かせます・・・。

    あ、そうそう、居るはずの女王がいなかったりしますが、居ないはずの女王が居たりもしましたよ。
    隣の翅切り旧女王が分封未遂で迷い込み?
    もう、しっちゃかめっちゃかなんです。今年。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA