蟻酸の調合

ここ最近は日本ミツバチを飼っている所でもアカリンダニというダニ対策で蟻酸を使うのが一般的になった?みたいですね。
でも日本ミツバチだと掃除採蜜しない(できない)ですよね。。。
まさかそういう蜂蜜、、、売ったりしてないですよね。
蜂蜜にはわずかに自然の蟻酸が含まれてるとは言え、これは人工的に暴露させたものですからね。
最近ではメントールなんかも使ってるみたいだし。
西洋ミツバチなら掃除採蜜で蜜抜いてしまえば後は本当に自然由来の蜂蜜になるんですが、日本ミツバチの(販売目的の)場合はなんか微妙な感じ。。。。

最初、海外の文献漁って見よう見まねで始めた蟻酸によるダニ対策ですが、ここ最近は安定的に効果を発揮できる「やり方」が分かってきました。
最初は女王が卵産まなくなったり最悪死んでしまったり、逆にダニに余り効果がない時があったり、、、不安定だったんですけど。
今年はバッチリ効いてます。

ストックの調合済み蟻酸が底を付いたので蟻酸の調合をしました。
調合ったって水で薄めて所望の濃度にするだけですけど。

でも作業は慎重の上にも慎重に・・・・・

春の採蜜前に掃除採蜜をして、これら汚れた蜜は全部抜き取ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA