継箱を下す

セイタカアワダチソウがもうすぐ咲きそうなので、

巣脾の引揚げを開始しました。

今年の夏はダニ害で蜂の数が大幅に減ってしまったので去年程は蜜が溜まっていません。

でも全面蜜蓋の巣脾も20数枚ありそうなので一部は来春給餌用の蜜枠として保存しておくことにします。

継箱が外れるといよいよ冬がやってくる・・・という気持ちになってきますが、まだ一杯残ってるので頑張ってやっつけていきます。

蜜枯れ&盗蜂

当地ではカラス山椒が終わった後でも何かしらの蜜源がある様でチョビチョビ蜜が増えていくとても恵まれた環境にあります。

しかし、9月下旬からセイタカアワダチソウが咲く10月初旬までの2週間程は蜜源が枯渇する様で内検時に継箱下して開放状態になった巣箱、継箱に大量の蜂が集って大変な状況になってしまいます。

まあいわゆる盗蜂な訳です。

じっくり見ることができないので超高速内検するのですが、それでも巣箱の中ではくんずほぐれつの格闘がそこらじゅうで行われてしまいます。
大体こういう時、女王蜂は争いを避けて巣箱の壁か底に退避するらしく、概ね1/3くらいの群で見つかりませんが無視します。

内検終わっても今度は蓋に開けた通気口にわんさか蜂が集って来ます。

網があるので中には入れませんが、それでも中の蜂と面と向かうことになってしまいますのですだれを掛けて少し距離取らせますがそれでもこうなります。

一度見つけた貴重な蜜源?そうそう簡単に諦めることはできませんぜ!!!

ebayでトラブル

最近、日本で売ってない養蜂道具をebayで買ったりしています。

海外通販サイトの利用は割と敷居が高いのですが、ebayだとトラブった時に返金制度があったり安心できる仕組みがあるみたいなので利用し始めたわけです。

WorldwideにFreeShippingなんてのが多くて実にリーズナブルに買えたりしますし、日本で売っているものでもebayの方が安いなんてのもあります。

そんなebayですが今回初めてトラブりました。

購入して暫くして「送ったよ」と連絡来たので安心していたのですが数日してトラッキングナンバーで荷物を追跡してみると荷物がイギリスのヒースロー空港に届いてます。イギリス経由で日本に来るのか?とちょっと首を傾げてたのですが、さらに数日後にイギリスのとある町で配達完了になってしまいました。

Paypalで支払いしてたのですが商品到着に伴い取引完了になってしまい、締め日の関係もあって即座に代金が引き落とされてしまうという事態に。

慌ててセラーに連絡とってみたのですが内容を理解したのかしてないのかわからない様な返事が・・・。

再度、
「トラッキングナンバーを見てくれ、イギリスで配達完了になってしまっている。誤ったトラッキングナンバーを知らせただろう。こっちはジャパンだ。正しいトラッキングナンバーを直ちに知らせろ。」
みたいなメッセージを送ったらやっと理解したのかSorryメールと新しいトラッキングナンバーが送られてきました。

トラッキングナンバー見ると・・・その日に新たに発送した様でした。最初のトラッキングナンバーは一体誰の何の注文だったのか?

まあそんなこんなで一瞬焦りましたがセラーも悪意のある人ではなかったようで無事商品は届きましたが海外取引の危うさを少し垣間見ることができた一件でした。

かなり吹いた 台風17号

今年来た台風の中で今回のが一番台風らしい台風でした。

雨は余り降らなかったけれど夜半から未明まで強風が吹いてましたよ。

巣箱の一つや二つは倒れるかもと思ってましたがそれは大丈夫でした。

キハダの枝が折れて散乱してたくらいでほぼ無傷。(写真手前に写ってるのが折れたキハダの枝)

午前中に見回ってすだれも元に戻しておきました。

もうそろそろすだれも必要ないくらいになってきたんですけどね。

女王蜂の再更新

今年の夏はダニを抑え込めなかった、、、大失敗。

今季採蜜終了後にすぐさまアピスタンを入れたものの、途中で余りに効きが悪いのでギ酸までも投入して対応したけどダニ減らず、6週間後に仕方ないので連続して今度はアピバールを入れてやっと落ち着いてきた今日この頃。。。

おかげで蜂数がガクンと落ちた群が多数。。。

ダニ対処中に蜂児を無くすため並行して女王蜂更新も進めたが働蜂の勢いがなかったせいかどうかわからないけど余り良くない女王蜂が今年は多い。

産卵が余り捗らない女王蜂はもう一回女王蜂の更新をしています。

女王蜂の更新中はスズメバチ捕獲器を外さないといけないけど、全部の巣箱に取り付けないとオオスズメバチにやられるという訳ではないのでそちらの心配は今の所大丈夫です。

あとまだ数群あるんだけど来春の合同予備軍にしようかどうしようか思案中。

小さなオオスズメバチ

今日見回ってみたら昨日仕掛けたスズメバチ捕獲器にオオスズメバチがもう入っていました。

やっぱり来てるんだね。

昨日も書いたけどとても小さい。

3cmくらいでコガタスズメバチかと思うほど。

彼女たちがミツバチを含むエサを沢山取って来年の女王とオス蜂を育てていくわけ。

急激に増える幼虫に対して与えるエサが不足し始めると、、、ミツバチを大量虐殺して巣を丸ごとエサにし始めるのです。

スズメバチ捕獲器設置

本日スズメバチ捕獲器を設置。

例年お盆頃に設置しますが今年は台風が来たり女王の更新群が数多くあったりで設置が遅くなりました。

新女王蜂が未交尾だったりまだ新女王蜂の誕生を待ってる様な群はスズメバチ捕獲器が邪魔なので追っての設置となります。

夏場オオスズメバチはまだ3匹しか見ていません。

2匹はコガタスズメバチかっ!というほど小さな個体でしたのでまだ勢力も弱い群から来たものと思います。

まだ集団で襲ってくるほどの勢力になってないと思うのでここ暫くは何事もないと思うのですが・・・。

肩透かし

今回の台風、直撃を食らったのに当地では完全に肩透かし、何の影響もなかった。

24時間雨量も55mmだし、最大風速も9m/s程度であのTVでの大騒ぎは何だったのかという感じ。

気象庁の最近の事あるごとの騒ぎっぷりは少し異常じゃないかな?

少なくとも四国地方で1200mmを超える雨・・・とかいう十把一絡げの言い方はどうかと思うよ。

四国四県、それぞれに気候も風土も全然違うんだから。

せめて太平洋側、瀬戸内側とかに分けるとかね。。。

台風10号直撃 前日

明日、台風10号の直撃を受けます。

ほぼ真上を通るコースです。

豊後水道を上がってきますから勢力は余り落ちずに直撃されそうです。

昨日、今日と簡単に内検しながら風への対策してきました。

倒れない対策はこの期に及んでできないので、倒れても被害が最小限になる様継箱を紐で縛って回りました。

吹き倒されても中が開放されてしまうことだけは避けられる・・・かもしれません。

被害が何もないことを祈るだけですが今回ばかりはそれも厳しいかも。

 

配達

月に何度か地元の産直市、道の駅などへ蜂蜜の納品で配達に出ます。

一番遠い所の納品だと往復で130Km以上もあります。
そこはつい最近大規模リニューアルして店舗が新しくなったおかげ売れ行きが突然良くなりました。
今まで1~2か月に一度の納品で十分だったのに1か月持たなくなりました。
世間では嬉しい悲鳴と言うのかもしれませんが、、、正直大変です。