営業の届出 やってない所が大多数?

少し前になるのですが、蜂蜜を出している産直市の担当者から「営業の届出」は済んでいるか確認の電話がありました。

食品衛生法改正に伴う営業の届出 受理」にも書いた通り既に届出済みでしたので即答で「済んでます」と答えておきました。

今日、その産直市に納品に行ったらスタッフの方から、「営業の届出有無を対象者に確認したところ、お宅含めて2軒しか申請してなかった」というお話を聞かされました。

さらに、この申請に必要な食品衛生管理者資格講習会は今満杯で予約が取れるのは来年の2月以降だというお話もされてました。

どうしてこの申請の事を知ったのかとか色々聞かれましたが、まあ兎に角これからも情報収集には努めていきたいと思います。法令に則った対応は基本中の基本ですから。

スズメバチ捕獲器撤去

めっきり気温も低くなったのでスズメバチ捕獲器を撤去して回った。

捕獲器を軽トラに積み込んでいたらオオスズメバチが巣門前をホバリングしてやがった。

あの飛び方はメスだな。

マジか!まだ居るんか!

見なかったことにしておこう。

抜き蜜 2

この1週間でまた蜜が大量に入った。

産卵圏の無い群の抜き蜜を再度実施。

分離機の土台が少し補修が必要だったので思い切って作り変えた。
随分と軽くなってグーー👍

アワダチソウももう終わりだからこれで最後、、、になってほしい。

アワダチソウ 抜き蜜

今シーズン最後の未交尾群、今日の内検で交尾完了を期待していましたが残念ながら未交尾状態で左後ろ足を負傷しており敢え無く他群と合同と相成りました。
こんなことになるのなら、王台作るとは言え前の女王のまま冬越しした方がまだ可能性あったのにと思わなくもありませんが、未来予想はできませんので致し方ありません。

さて、全群内検した結果、貯蜜圧迫で産卵圏が極小化してしまっている群について午後から抜き蜜を行いました。

蜜蜂が集って大変なことになるかも・・・と危惧しておりましたが気温が低くて余り蜂も飛んでない状態だったので何事もなく終了しました。

まだセイタカアワダチソウは咲いているので空いた巣脾に卵ではなく再び蜜が放り込まれるかもしれませんが、その時はその時です。

先週空調服、今週上着で内検

先週の内検は空調服を着てやりました。

今日の内検は上着を着てやりました。どうなっとるんですか?

一昨日の投稿でオス蜂が引っ張り出されている群の事を書きましたが、それ以外の殆どの群でも巣門の外にまでは引っ張り出されてないけどオス蜂房が軒並み食い破られていました。

どの群も急激な寒さで慌ててオス蜂を処分し始めた様です。

セイタカアワダチソウの蜜もまだ大量に持ち込まれていて結構な貯蜜量になってしまってます。寒さ故、女王蜂の体格も少し小さくなっているのもあり、冬越しモードへ急ピッチで進んでいる今日この頃でした。

オオスズメバチ オス登場!

今期初めてオスのオオスズメバチがトリモチに掛かりました。

さてどれでしょう・・・ってど真ん中です。

今年のオオスズメバチの襲撃は近年にない激しさでしたがこれで収束に向かうでしょう。

気温が下がってからはトリモチに掛かるオオスズメバチは居ても巣箱を集団攻撃することはなくなってますのでほぼ子育ては終わったと思われます。

見回り頻度も一日一回かそれ以下にできそうです。

草刈り終了

9月の下旬から始めた草刈りも本日で一応終了。

今日は上に残った最後の部分を処理。

これで後は刈り取った草をどけてヘアリーベッチの種を蒔くのみ。

とは言え、最初に刈った部分には既に新たな雑草が伸びてきているので追加で刈り取りが必要ですけどね。

今年は一年分の草刈りをたった一枚のブルーシャークで全てなし終えました。最後の方は切れ味悪かったし、今日は初めて一個チップが飛んだみたいなのでここらでもうお役御免だね。しかし恐るべし、ブルーシャークの耐久性。

アケビ

巣脾保管、、、やっと今日終わりました。

冷凍ストッカー、でかいのは良いけれどー25℃になるのに6時間以上掛かるし、最上部に位置する巣脾は結局-10℃とか、それくらいしか冷えてないのじゃなかろうか?

Maxで100枚入るのは確認できたけどもう少し減らした方が冷凍温度的には良いかも?

さて、巣脾の保管作業が終わったので途中中断していた草刈りを再開しました。

そしたら普段は手の届かない高所にしかないアケビを見つけたので持ち帰ってみました。大体はサルが食べてしまうのですが、今年は何故か残ってました。

ちょっと開いてから時間が経っているのでしょう、身も随分とやせて細いです。。。

食べてみましたが、、、ほんのり甘いくらいでした、、、アケビ食べたのは小学生以来ですが、もっと美味しかった様な、、、まあ開いて時間が経ち干からびているからかもしれません。

巣脾の保管前処理

まだやってますよ。。。

回収した巣脾は蜜を抜いた後、蜂に残りの蜜を吸わせてから冷凍処理して保管します。

残り蜜を吸わせる処理も2日目ともなると蜂は前日の位置を覚えているため、箱を運ぶや否やこんな大騒ぎになります。

草刈りから始まってもう何日間働き詰めでしょうか?特に巣脾回収の一連の作業は重労働なのでいい加減腰が逝きそうです。

草刈り中

来春のヘアリーベッチに向けて、只今草刈り奮闘中。

日中気温も30℃に届かず湿度も低いので随分と楽な季節になったとは言え、それでもやっぱり汗だくなります。まだまだ空調服が欠かせません。