毒吐き

Windowsは『3.0』の頃から使っている。『3.0』なんて殆どの人は知らないと思うが当時はDOS上でWindowsを動かしていた。
そんな話はどうでもいいけれど、まあ永らく色んなWindowsを使ってきたけど今のWindows10ははっきり言ってWindows史上最低の出来損ないOSだと思う。
メインPCのバックアップ用としてCore i5 8250Uを搭載したノートPCを購入した話を以前したが、このPCは一世代前とは言え第8世代CPUを搭載したほぼ最新ノートPCだ。
その最新PCをもってしてもブラウザを立ち上げネットを見ようとすると動作が非常に重い。
重いというより、場合によってはページを読み込む途中でだんまりになるから始末が悪い。
色々調べてみたところWindows Updateが掛かるとブラウザ読み込みが止まるようだ。
止まると言ったって数十秒とかのレベルではなくUpdateが終わるまでずっと止まったままだ。
とんでもない欠陥OSだと思う。
メインPCのシステムドライブをHDDからSSDに換装したお話を以前したが、このOSはハードディスクドライブなどという超低速前時代的デバイスは大嫌いなご様子でこれが付いていると兎に角遅い。
起動してから暫くは何しているのか知らないがHDDにアクセスしっぱなしになるし、ファイルのコピーもHDD絡みになると転送速度がフロッピーディスク並みに遅くなったりする。
そして極めつけはWindows Updateが走った時だ。
ブラウザがうんともすんとも言わなくなる。
兎にも角にもこのOSの開発関係者は最高速のSSDを搭載したPCでしかテストをしていない様だし今更遅いデバイスでテストするつもりなどさらさら無い様だ。
HDDみたいな前時代的低速デバイスなんて知ったことか・・・と言うことだろうか。
よくこんなOSを世に出したもんだと思う。
言いたいことは山ほどあるがこの辺にしておこう。
養蜂ブログにあるまじき内容だ。
さてこのほぼ最新ノートPC、もう兎に角遅くて使い物にならないので悔しいけれどHDDをSSDに換装することにした。
これで文句無いだろう。
SSDのRAPIDモードというディスクキャッシュを使うのでメモリーも4G追加する。合計で8Gもあればうちの用途には十分。
SATA-USBケーブルも持ってないので購入。裸のHDDも臨時で使いたいので外部電源付きのをチョイス。
予めHDDの暗号化を解除しておいた後、クローンソフトでHDクローン取って
左下のHDDをSSDに換装しました。(換装後の写真撮り忘れ)
まあこれで少しはまともに使えるようになるでしょう。
今日は日頃溜まったうっぷんから毒吐きの内容になってしまいました。ごめんなさい。

メインPCの延命作業

毎年この時期は蜂の作業がありませんので、いつもはできない作業を行うことが多いです。

去年の今頃もメインのPCをVistaからWindows10に入れ替え作業をしましたが、Vistaから10にはアップデートができないのでクリーンインストールして全アプリを入れ直すという超めんどい作業に明け暮れました。

メインPCはCore 2 Quadという当時はハイエンドCPU、現在では化石、、、みたいなCPUを搭載したPCで今から10年以上前に自作したものです。
今流行りのCINEBENCHでスコア255という、言うのも恥ずかしいレベルのPCなんですが、つい最近バックアップ機として買ったCorei5 8250Uを搭載したノートPCよりなぜだか快適、サクサク使えます。ちなみに8250Uのスコアは640です。

前置きが長いですが、それでもこのPCはSW ONから動作が安定するまで(「隠れているインジケータ」の所に全スタートアップが出るまで)に4分30秒もかかるのでこの先しばらく使い倒す為に今年はシステムドライブのSSD化を行うことにしました。

500Gで7,980円・・・安くなった・・・
(もう一枚買おうと思ってamazon見たら既に1,000円値上がりしてた、とほほ・・・)

SSDを接続したらEaseUS Todo Backup Freeというフリーソフトでクローンを作ります。

HDD1T → SSD500Gだけど使用容量が500G未満なのでクローンできます。
クローンができたらBIOSでBootDeviceを替えて起動するだけ。
SW ONして動作安定するまでが2分に短縮されました。
このPC、サーバ用のRAIDコントローラを入れてるのでBIOSのイニシャライズだけで1分かかるので実質は1分(Windowsの起動に45秒、全スタートアップの実行に15秒)まあまあの速さになりました。

このSSD、5年保証らしいので運が良ければあと5年はこのPC使えますか?

やっとこさPCの復旧作業・・・

秋は作業が目白押し。
蜂はダニ処理とオオスズメバチ対応で大わらわ。
加えて、まだ終わってない女王蜂の更新作業、それに女王蜂の羽切り作業、継箱の引上げ、引上げ巣脾の冷凍処理、保管/廃棄巣脾の仕分け、巣枠および分割板等の熱湯処理etc
蜂場は草刈り&刈取草の集積作業。
終わったら来年の為、ヘアリーベッチの播種。
生りもしない果樹へのお礼肥。
3週間一滴の雨も降らないので堪らず灌水・・・しようと思ったらエンジンポンプが不調でキャブからエキゾーストまで全バラシしたものの原因分からず結局プラグ交換で直ったり・・・。
灌水貯水槽の水が減る一方&藻の発生がひどいので水補給にと暗渠を埋設してみたり・・・。

ユンボで掘ればものの30分で掘れる距離も手掘りなもんだから掘るだけで5時間も掛ったよ・・・。

起動後すぐにフリーズしてしまう様になったPCを「早く直さねば・・・」と思えどやること一杯でどんどん後回しに。
やっとのこと思い立って復旧作業を行いました。
フリーズの原因はほぼ特定出来ております。なのでやるべきことはわかっております。

まずはPCの蓋を開けて、、、

真ん中に鎮座しているグラボを取り外します。

見えました。
CMOSバックアップ用のボタン電池とRTCクリアのジャンパ。CLRTC(CLear Real Time Clock)と書かれたやつです。

ボタン電池を抜き取りCLRTCのジャンパをショートして数秒放置、後はジャンパ、ボタン電池、グラボを元通りに戻します。
BIOS設定が初期化されているので元通りの設定に戻して作業完了。
所謂CMOSクリアってやつで、書けば簡単ですが、それまでのBIOS設定をあらかじめ記録しておかねばなりません。

で、そもそもBIOS画面自体がフリーズしてしまいますのよ。このPCの場合は。
なので何度も何度もリセットして何枚もあるBIOS設定画面を出して記録する必要があったので面倒くさくて今までやってなかったのであります。

CMOSにゴミデータが残っていることでBIOSがフリーズしてしまい、結果としてWindowsがフリーズしていたという見立てです。

今の所はフリーズもせず機嫌よく動いてくれてます。
見立て通り、これで直ってくれれば良いのですが。