糖度計のゼロ調は必要か?

今まで糖度計は必ず水入れてゼロ調してから本計測する様にしてました。

で、たまたまYoutube見てたら、いきなり糖度計に蜜たらして電源入れて計測しているのがありました。

え~~、そんなことできるの???と思ってやってみました。

一応それらしい数値は出ますが、ゼロ調した時と0.5~0.6くらいズレた値になります。

糖度計の個体によって違うと思いますが、0.5違うのはちょっとダメだね。。。

という訳でうちではやっぱりこれからもゼロ調してから計測することにします。

イチイチめんどくさいんですけどね。

スズメバチトラップを仕掛ける

今年はまだ一匹もオオスズメバチ(女王)を見て無いなぁ・・・

と思いつつもトラップを仕掛ける。

今年の当初予定分の継箱が終わった。例年の10日遅れになる。オオスズメバチをこの時期まで見ないのも初めてだし、ミツバチの建勢も10日以上の遅れと言っていたのはやっぱり正解だったみたいだ。色々と今年は厳しいスタートになったね。

配達車のヘッドライトコーティング

配達車は車検の度に車屋さんがヘッドライトを研磨して車検通してくれてます。

ヘッドライトがくすんでしまって、カットラインが出ずに光量も出ないんだそうです。

それもそうなんですが、最大の問題は普段夜間に乗るとヘッドライトが暗くて前が殆ど見えないこと。危なくってしようがない。後ろの車のヘッドライトで自分の車の影ができるって言えばわかりますかね。車検から帰ってきて半年もするともう元の木阿弥状態。

そこで先日バルブをLEDに交換したんですが、ヘッドライトがくすんでいるので光が散乱してカットラインが全然出ない。明るくなったのは良いのですがこれだと対向車がもしかして眩しいかもと。

それで今回、ヘッドライトのコーティングを行いました。

使ったのはこれ。

最初に別途用意した1000番の耐水ペーパーで軽く研磨してから添付のフィニッシングディスクで磨いてコーティングを2度塗って終わり。

思ったより簡単でした。

出来栄えは・・・

中のリフレクターやバルブが見える様になりました(笑)。当たり前だけど、施工前は中が全く見えないほど酷い状態だったのよね。

これで夜間も安全運転できると思います。

シャッター下の浸水対策

採蜜用の建屋、雨の時、南寄りの風が吹くと必ずシャッター下から雨水が侵入してくるという欠陥建屋。

シャッター前のコンクリートにカッターで溝を切ってみたり、シャッターの下に防水スポンジやら防水ゴムやらとっかえひっかえ貼ってみたり、考え得る手はやってみたけどほぼ効果なし・・・

普通これ、施工不良だよね?

最近、海外サイトを見てて発見したのが先日eBayで購入したこれ↓というわけ。

正式名称は Universal Garage Door Bottom Seal Strip と言うらしい。

ちなみにこれは日本のamazonでも売ってるけど、販売者がちょっと怪しいから海外から直接購入することにしました。

海外でもシャッター下からの雨水の侵入に悩んでいる人多みたい。

シーズンインして忙しくなる前に施工しましょ、という訳で接着剤の硬化に最も不利なこの大寒の時期に作業すると言う浅はかさ・・・

接着剤を塗り付ける範囲に目印して、

GORILLA HEAVY DUTYとか言う接着剤を使ったけど、内外の水の縁切りちゃんとできたかなぁ?思いのほか固くて思った様な量を塗れなかったのが心配。

これで止まってくれればいいけど。。。さてどうなるでしょうか?

——2022年4月26日追記——

施工してから雨は降れど南風は吹かず、雨水侵入の対策ができたのかできてないのか確認できない日が続きましたがやっと南風で大雨が降りましたので対策の効果が確認できました。

結果から言うと 【大成功!!】

雨水の侵入は一切ありません。

こんなの元々ちゃんとした土間施工しておいてくれれば当たり前の様に雨水なんか侵入しないのにねぇ・・・

ちなみに写真の左端に雨染みがありますが、こちらはシャッター下からの雨水侵入ではなく、躯体からの雨水侵入であります。

こちらは躯体組立て時のコーキング不良によるもので抜本対策は無理です。組立施工図まで確認して土台の組立時にコーキングが不足していると構造上雨水が侵入する可能性があることを確認しました。全く、技術の不足した工務店に頼むとこういったことになる典型ですね。

キャリイ アクセル-ブレーキ間の段差問題

急な飛び出し等でアクセルからブレーキに咄嗟に置き換える時、足がブレーキに引っかかって慌ててしまうことが数度あった。

ニュートラル位置でのブレーキの高さがアクセルの高さより高すぎるのだ。この為、足をブレーキにスライドさせるとき、ブレーキの横っ腹に足が引っかかってしまうのだ。

去年乗り換えたキャリイの幾つかある不満点の内で最も不満な点がこのアクセル-ブレーキ間の段差問題だった。スズキのディーラーにブレーキの高さをもう少し低くできないか相談したが構造上無理との回答だった。

ところが、よくよく調べてみると、これは別にキャリイに特有の事ではないらしい。

ここ最近の車は、ブレーキを踏んだ時にアクセルも同時に踏み込まない様にとわざとブレーキ位置を高くしている様なのだ。何と余計なことを・・・

咄嗟の時にブレーキに足が引っかかってブレーキを踏めない方がよっぽど危ないと思うのだが?MT絶滅の危機にある昨今、AT全盛の今ではこれがスタンダートな考え方なのかな?

という訳で、この問題の解消に取った策を失敗交えて記録しておこう。

アクセルペダル追加案・・・失敗

ブレーキのペダル位置が触れないとなればアクセルの位置を高くするしかない。という訳で社外のアクセルペダルを買って付けてみることにした。もちろんブレーキペダルはそのままでアクセルペダルのみ追加することでアクセル位置を高くしようという目論見である。

キャリイのアクセルペダルはその形状から付属の金属バンドだけでは固定できないのでタイラップを併用して何とか取付してみた。

だが、結局これは失敗した。ペダルの角度が悪いからなのか、アクセルに置いた足を絶えずつま先側を持ち上げてないとついついアクセルを押してしまうことに。ペダルの角度を調整してみたいが取付がタイラップ併用なので角度調整できず諦めることにした。

スペーサー挿入案・・・ひとまず成功

DA16Tキャリイは電子スロットルなので、エンジンとペダルがワイヤーでつながっておらず、ボルト2本とコネクターを外すだけでアクセルペダルが簡単に外れる。

この台座部分にアルミのスペーサーを作って間に挟みかさ上げする作戦。
手持ちで5mm厚のアルミ板が有ったのでこれを適当な大きさに切って穴あけ。

取り付けて完了。

これ、割といい感じ。アクセルからブレーキへの足スライドも違和感なくできる。暫くこれで乗ってみよう。

ebayでお買い物

ebayで買ったモノが半月掛けて届きました。

竜巻で甚大な被害の出たケンタッキーに、その翌々日に集荷されたので大丈夫かなと思ったのですが何とかその後も無事転々と移動を続けて15日掛けてやってきました。

何故かamazonの箱で・・・

米国amazonで調べてみたら同じもの売ってるやん。16ドル安く(-_-;)

転売かいな?まあいいや。

もう年末で正月近いし、寒波来てるから取付は年明けてからね。寒い中作業するの嫌だからいつになるかは未定だけど。

エンジン機械の保管メンテナンス

エンジン式の機械はいくつか持っていますが、大別すると2ストエンジンと4ストエンジンになります。

2ストエンジンの機械は潤滑オイルをガソリンに混ぜた混合油を使いますが、両方とも基本、ガソリンで動きます。(ディーゼルは持ってない)

ガソリンを動力とするのでガソリンが無いと動きませんが、ガソリンがあると調子悪くなります。何のことを言っているかと言うと、つまり動かすのにガソリンを入れますが、そのガソリンを残したまま長期保存するとエンジンの調子が悪くなると言うことです。

ガソリンの揮発成分が飛んでしまうと粘度の高いドロドロ成分がキャブの小さな穴に詰まってエンジンの調子が悪くなりますね。だから使ったらガソリン抜く。

2ストエンジン機の場合、基本小さいものが多く、例えば刈払い機とかチェーンソーとかブロアとかですが、これらは使ったらその場で混合ガソリンを抜いてから再度エンジンを掛けて止まるまで放置することでガソリンを抜き切ることを毎回やってます。

問題は4ストエンジンの場合ですが、こちらは使用する期間に入る際(シーズンイン時)にガソリンを入れて、使用期間が終わったら(シーズンオフ時)ガソリンを全て抜く作業をしています。

4ストのキャブにはドレン用のネジが付いてるのでそれを緩めてガソリンを抜き切ります。うちでは時間掛かりますがタンク内のも含めてこのドレンから全ガソリンを抜いてます。

まあ、ガソリン抜き終わったらそのついでにオイルも交換しちゃいます。本当はシーズンインの時にオイル交換した方が良いのはわかってるんですが、その時期は繁忙期でそんなことやってる間がないので。

写真はそれぞれ別の機械です。

オイル警告ランプ!?

オイル警告ランプ?が付いた。

慌ててエンジン止めてオイル量をチェック。が、問題なし。

直ぐにスズキのディーラーに電話。。。。オイル警告灯ではなく、オイル交換時期のお知らせでリセット後6か月で出るらしい。

まあ、確かに、、、色が黄色だわな。よく考えたらオイル警告灯は赤でアラジンの魔法のランプみたいな絵だわな。。。びっくりしたわもう。心臓に悪い。

でもオイル交換時期の表示は右下の液晶の所に「OIL」って文字で出るんじゃなかったっけ?

と思って取説見たら両方に表示されるみたいだ。

けど両方に同時に表示されないのかえぇ?

よくわからん仕様だ。というよりこんなの要る?

最近の車には正直「余計なモノ」がたーくさん付いてると思ってるのは自分だけなのだろうか???

冷凍ストッカー

2段、3段に継箱して採蜜に使用した巣脾は来シーズンまで保管しなければなりませんが、そのまま保管すると間違いなくスムシにズタボロにされます。

と言いますか、蜜を搾って3~4日ほどそのまま放置しただけで間違いなく巣脾表面をスムシが這った跡が付きますので一刻も早くスムシを駆除する必要があります。

これは巣脾枠の木部に潜り込んでいたスムシが出てきて巣脾を食い荒らす為で、これをやっつけるには「冷凍」するのが一番です。

これまで205Lの冷凍ストッカーで巣脾を冷凍していたのですが、これだとMaxで44枚しか入らないので全部処理するのに何日も掛かってしまって巣脾表面を荒らされるものが少なからず出ていました。

ですのでもう一台大きな冷凍ストッカーを導入しました。

502Lの冷凍ストッカー。

これだと計算上90枚近く巣脾が入るので古い冷凍庫と合わせて1/3程度の日数で処理できるはずです。まあスムシ被害をゼロにはできないかもしれませんが、これまでに比べてはるかに効率よく処理できると期待しています。

ちなみに空の状態で冷凍してみましたが

外気温37℃で

-25℃まで冷えました。十分な性能でした。

今一ポイントはコンプレッサー稼働中のビビリ音が結構ひどかったこと。まあ仕方ないですね。