みかん蜜の採蜜

日曜日にみかん蜜の採蜜を予定していましたが、生憎当日は前日からの雨が止まず。
みかんの花の香りは雨の止んだ月曜日あたりにはかすかに香る程度でこれ以上の遅れは致命的。
やむを得ず(またまた)有給取って平日の6月5日に採蜜行いました。

蓋掛けもちょっと多過ぎの感あるもまあまあなかな?
蓋掛けされて無いのは糖度が上がってない証拠なのでよくありませんが、あまりに蓋掛けが多すぎると今度は香りが吹っ飛んでしまいます。味も後味くど過ぎてさっぱり感がなくなって私は余り好きではありません。
夏以降は糖度が上がらないのでびっちり蓋掛けされるのを待たないといけませんが、みかん蜜まではある程度の蓋掛けが最適です。

さて、今回は現地での分離はせず、自宅まで巣脾を持ち帰っての作業としました。

山は平坦な所がなく分離器が安定しないのと、今回採蜜できる量が春蜜より少ないということが分かっていたので。

予定より3日遅れたことでみかん以降の蜜が入っていないか心配でしたが、一応色味と香りはみかん蜜です。

ありゃ、カメラで撮ると簡易テントの緑色が写りこんでしまってますね。
実際は淡い黄金色で透明感ある蜜です。

収量は当初目標の半分程度に留まってしまいました。
雨とか気温とか日にちが合わなかったなど色々要因はありますが、今年の反省点として来年に活かしていこうと思います。

春蜜と合わせてみかん蜜も販売予定していますので準備でき次第ご案内していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。