巣枠縮小

11月も後2週間を切りました。1年があっという間です。

今は冬囲いに入る準備として各群巣枠の枚数を減らして行っています。

こんなにわんさか蜂の居る群なら良いんだけれど殆どはこんなに居ません。

今年はダニのコントロールも一部を除いてうまく行ったはずなんですけど、それにしては蜂の状態があまりよろしくありません。

今年は既に産卵停止している女王蜂も居ます。まだそんなに寒くないのに・・・。
毎年越冬時、ダニの観点では産卵停止していた方が良いのに、、、と言ってますがいざ本当にそうなると急に心配になってしまいます。産卵してると停止した方が良いのに、止まってると大丈夫かいな・・・煩悩の塊です。今年の冬は寒くなると蜂達が教えてくれているということにしておきましょう。

それとセイタカアワダチソウの蜜が入り過ぎてどの枠も激重です。いまだに蜜抜こうか抜くまいか悶々と思案中ですがとても面倒な作業であるのと抜きたい枠には小っちゃな産卵圏があるのとでできるだけやりたくないと言うのが本音です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA