内検開始

ここ暫く寒い日が続いてましたからタイミングを見計らっておりましたが、これから暖かい日が続く様ですので巣枠を取り出しての本格的な内検を始めました。

どの群もこうなら良いんですけど、今年はちょっと異常群が多くてガッカリです。

まず女王喪失群が2群。

1群は巣門前に女王の亡骸が転がっておりまして1~2日前くらいに死んだみたいでした。
もう1群は越冬中、産卵の無い時期に女王が死んだようで既に働蜂産卵が始まってました。まったくもう・・・

一応2群とも他群と合同しましたが、働蜂産卵している群は女王気取りの働蜂が居るので合同が成功するかどうかはちょっと微妙です。

それから1穴多卵の群が1群。この群はこの先どうなるかわかりません。
早くも王椀作ってましたからそのうち働蜂に排除されるかもしれません。

最後はダニが大発生している群。

この冬暖かかったのもあって越冬中ずっと産卵していた様子の1群。昨年末ダニ駆除はしつこくやったのですが、ずっと産卵モードだから巣箱内も暖かく快適でダニの繁殖に最適な環境になったのでしょう。

この群はダメですね。
隔離して様子見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。