長雨の合間は蜂の機嫌が悪い

九州南部は大雨で土砂災害警戒情報が出ていますね。

何事もなければいいんですけど。

 

さて、ここ最近はずっと雨模様で内検もままなりません。

昨日、一昨日と当地はギリギリ雨雲の北側だったので今にも降りそうではありましたが日中何とか雨が降らずに蜂の内検をすることができました。

んが、長雨で鬱憤の溜まった蜂の機嫌が悪いこと悪いこと。

継箱下すだけで大量の蜂が体の周りを飛び回り面布や腕に体当たりしてきます。

以前居た狂暴な蜂の系統は無くしていったので今年は割とおとなしい蜂ばかりになったと思っていたのですが、流蜜が止まり長雨で外に出られずちょっと雨が止んだと思ったら巣を開けられてガサゴソされたのでは流石に機嫌良い訳ありませんわね。

腕、足、腹、首、おでこ、、、昨日は大量に刺されました。

全ての群がそんな塩梅だったので、流石に心が折れて「もう帰ろうか・・・」と途中でくじけそうになったのでした。

 

さて、、、という訳で、全体の半分の採蜜が残ったままですけど、もうこの長雨なので前回の採蜜を今年最後の採蜜とし、今年はこれで打ち止めとすることにしました。

これからはもう・・・来年に向けての蜂管理作業になりますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。