メインPCの延命作業

毎年この時期は蜂の作業がありませんので、いつもはできない作業を行うことが多いです。

去年の今頃もメインのPCをVistaからWindows10に入れ替え作業をしましたが、Vistaから10にはアップデートができないのでクリーンインストールして全アプリを入れ直すという超めんどい作業に明け暮れました。

メインPCはCore 2 Quadという当時はハイエンドCPU、現在では化石、、、みたいなCPUを搭載したPCで今から10年以上前に自作したものです。
今流行りのCINEBENCHでスコア255という、言うのも恥ずかしいレベルのPCなんですが、つい最近バックアップ機として買ったCorei5 8250Uを搭載したノートPCよりなぜだか快適、サクサク使えます。ちなみに8250Uのスコアは640です。

前置きが長いですが、それでもこのPCはSW ONから動作が安定するまで(「隠れているインジケータ」の所に全スタートアップが出るまで)に4分30秒もかかるのでこの先しばらく使い倒す為に今年はシステムドライブのSSD化を行うことにしました。

500Gで7,980円・・・安くなった・・・
(もう一枚買おうと思ってamazon見たら既に1,000円値上がりしてた、とほほ・・・)

SSDを接続したらEaseUS Todo Backup Freeというフリーソフトでクローンを作ります。

HDD1T → SSD500Gだけど使用容量が500G未満なのでクローンできます。
クローンができたらBIOSでBootDeviceを替えて起動するだけ。
SW ONして動作安定するまでが2分に短縮されました。
このPC、サーバ用のRAIDコントローラを入れてるのでBIOSのイニシャライズだけで1分かかるので実質は1分(Windowsの起動に45秒、全スタートアップの実行に15秒)まあまあの速さになりました。

このSSD、5年保証らしいので運が良ければあと5年はこのPC使えますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。