分封されてしまいました orz

前回、今年はヤバいかも・・・なんて王台見逃しによる分封を危惧するコメント書きましたが、やってしまいました・・・。
本日の内検中、13時ちょっと過ぎ、ちょいと遅い昼食にしようとした時、なんかやたらと空が騒がしい。
見て回ると、とある群の巣門前がやたら騒がしく、今日の時騒ぎは随分と派手だなぁ・・・なんて悠長に見ておりました。

でもでも、よくよく見るといつもの時騒ぎと違って巣門から飛び出していきなり上空へ舞い上がってるみたいです。上空にはたくさんの蜂が乱舞してます。

ヲイヲイ、これってもしかして分封???
やっと気づいて女王が飛び立たないように巣門を閉めましたが後の祭り。
既に女王様はご出陣になられていたようでした。

巣箱から20mほど離れた所にある木の、地上6~7mほどのところに蜂球をつくっております。
なんとか収容しようと色々試みるも高過ぎ。無理です。あきらめました・・・orz

分封した群を内検してみましたところ、確かに出房痕のある見逃した王台が見つかりまして、女王も居りませんでした。
ところが、なんと新女王も居ません。
継箱群なんで上下合わせて3往復見て回りましたが、女王も新女王もおりません。
巣門前を探してみると死後1日程度は経っているであろう女王蜂の死骸があったんですが、これが出房した女王なんでしょうか?

この群を内検したのは昨日の午前中だったので、その後すぐに見逃した王台から新女王が誕生したものの殺されて、今日昼過ぎに現女王が分封しただって?
なんだか時系列がぐじゃぐじゃだし、教科書通りじゃないし、さっぱり訳わかりません。
せめて新女王くらい残しておいてくれよ・・・。

蜂数のガクンと減った巣箱の前でしばらくたそがれておりました。

西洋蜜蜂は日本の自然環境下では生きていけません。おそらく持って秋頃まででしょう。日本にはオオスズメバチという西洋蜜蜂の天敵がいますので、自然の中で生息することができないんですね。
まあ、無理とわかっては居るんですがね、一応空き巣箱に巣脾を入れて置いときました。
安全な巣箱に入ってちょーだいな。

帰りの道すがらうちの蜂達が受粉させたであろう野イチゴがたわわに実っておりましたので気休めに写真を撮って帰りました。

ひとつ食べてみましたら、とっても懐かしい味がしました。小学生の頃、学校から帰る道すがらよくこれを食べてました。あの頃の記憶が鮮明に蘇った瞬間でもありました。

“分封されてしまいました orz” への4件の返信

  1.  分蜂防止には女王バチの切羽をお勧めします。ただ今日は切ってあるのにいつの間にか出ていて女王不在群を出してしまいましたが・・・・・・・
     私も始めは切るのに抵抗があったんですが分蜂されてしまうので仕方なくやるようになりましたがセイヨウミツバチは自然の中では生きて行けないハチなのでむしろ切って飛べなくした方がいいのではと思っています。

     ただ何年か前に外に出ている女王バチを見付けたので新群にしようと巣箱を取りに行っている間にいなくなっているので箱を開けて見ると中で戻った女王バチがもみくちゃになって殺された事があり、もし分蜂されてしまったらまず女王バチを確保し、取り残した王台を取ってから女王バチを戻せば大丈夫と思います。もしもみくちゃになるようなら王籠に入れて戻します。

  2. やっぱり羽切った方が良いんでしょうねぇ。
    実は去年の6月頃までは女王の羽を切ってたんですが、手間なのと一度巣箱を出た女王が飛べなくて戻っても殺されてしまうという話を聞いたのとでそれ以降の女王はやっていません。
    でも、働蜂が戻ってきた方が損失は少ないですからねぇ。

    今年の新王からやろうかなぁ。
    でも今のところ土日だけでやってるので時間が・・・。

  3.  新王は分蜂しないので羽を切るのは来春2月か3月になってからでいいです。私は100円ショップで買った鼻毛切りを使っています。

  4. 色々あってコメント遅れました。ごめんなさい。

    羽切りできるのは今のところは少し落ち着く秋以降ですね。
    それか来春という手もあるんですね。
    まあ時間のある時にぼちぼちやっていくことにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA