女王蜂の更新作業 おまけで女王蜂の鳴き声動画

アベリアに集るみつばちです。かわいいお尻。
アベリアは梅雨時期から夏の後半にかけて非常に長く咲いてくれる貴重な蜜源植物です。
ただ、蜜の量はさほど多くないのかな?ブンブン集るというほどではないです。

さてさて、ここのところ毎日暑い、暑すぎる。なんですか今年は!梅雨明けたらいきなり猛暑日の連続!
この3連休はずっと外で作業しておりましたが、プチ熱中症になってしまいました。
毎日2~3リットルのお茶+スポーツ飲料を飲んでますが昼過ぎると軽く頭痛とめまいが。
肌着はもちろん、作業着までビッチョビチョ、顔面も真っ赤になってたりします。ちょっと危ないよ。

まあ人が暑けりゃハチだって暑い。

というわけで遮光ネットを張って少しでも暑さを和らげてあげてます。
余りに暑いと産卵停止する場合がありますからね。

さて、6月22日に誕生を確認した女王蜂が雨の影響で未交尾状態のままであるという話は書きましたが、一部は交尾成功したもののダメなのもいます。
働蜂産卵していると思っていた群は、どうも未交尾女王が無精卵を産んでいるんじゃないかな?
そうだとすると働蜂産卵よりはずっとましですね。女王を入れ替えれば済むから。
来週見極めて処置しましょう。

3連休の内検は最後に残った未更新女王の更新作業も行いました。
スズメバチ捕獲器をつけるまでには女王の交尾を完了させなくてはなりません。
ちょっとぎりぎりかもね。

さて、今日はおまけで新女王蜂の鳴き声を。
新しい女王蜂が産まれてくるとキーキーと鳴き声をあげるという話は以前ブログに書きました。丁度産まれたばかりで鳴き声をあげている新女王が居ましたので動画を撮ってきました。
周りのみつばち達はこの声を聞くと残りの王台を攻撃します。
周りの働蜂が女王が鳴きだした途端動きを止めて聞き入っているのがわかると思います。
でも、これは実は「声」ではなく、羽の所を擦り合わせて音を出しているんだそうですよ。
働き蜂にもピーピーと鳴いているのが時たま居ますが、女王蜂の鳴き方とは違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。