オオスズメバチ 新女王&オス蜂の飛翔

いよいよオオスズメバチの活動も終盤になって来たようです。

最近粘着シートにちょっと大きめのオオスズメバチが掛るようになって来て、「んっ、新女王?」と思ってたのですが、オス蜂が掛るようになりましたので、今オオスズメバチの巣では来年の新女王とオス蜂が大量に産まれて飛び立っているはずです。

お尻に針が無く、ちょっと平べったいのがオス。
手前に掛っているのが新女王蜂なのかもしれません。

オス蜂と新女王が出てくるようになるとオオスズメバチの活動もいよいよ終盤戦になります。この時期、幼虫の為に大量の”肉”が必要になり、オオスズメバチは集団でミツバチを襲う様になります。
これが終わると現在の女王蜂は死に、巣は壊滅します。スズメバチの巣は一代限りのものなのです。

今日はおまけで、、、

蜂場にはこんなのも居ます。
今年2匹目のハメです。
(ハメって方言かな?標準語ではマムシですかね?)

こいつだけはいけません。ダメです。危険です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。