蜂の極大期

丁度この時期、蜂の数が極大期になります。

今はもう女王蜂の産卵数は減少してきてますが、5月上旬に産卵ピークを迎えた頃の若蜂が今大挙して出房しているので3週間程遅れて蜂の極大期がやってくる訳です。

この写真の群はまだマシな方なんですが、とにかく今の時期は蜂が2重3重に重なっていて巣脾が全く見えません。それどころか巣箱の空きスペースに蜂がわんさか居てですねぇ・・・、薫煙器の煙も殆ど役に立ちません。

この極大期を5月中旬に持っていきたいと常々思っているのですが、それは未だ叶わぬ夢です。

で、こういう状態になってくると女王蜂が見つからない場合、内検にとっても時間が掛ってしまいます。

昨日は女王が見つからない群が2群もあって、その2群の内検だけで1時間も掛ってしまいました。

結局見つからなかったので王台残しましたけど、うーん、この時期の内検、ストレス溜まるぅ・・・・。

2 Replies to “蜂の極大期”

  1. 二重、三重に重なって、落っこちそう、、、
    これじゃ、女王を見つけるのも大変ですね。
    僕だったら我慢が足らないから、直ぐに巣礎枠をどんどん入れてしまう、、、
    夏にかけて蜂が減ってきますね。
    6月中~末にモチノキ他を採ったら、いよいよダニ対策です。

  2. ナベショーさん、こんばんわ。

    そうそう、それなら巣礎入れろよ・・・って話ですよね。
    でも継箱全部使っちゃって予備一個もないから巣枠入れられない・・・。
    という大マヌケなお話なのでした(涙)

    もっとも、今頃3段に?、、、ってのもあるのでまだ継箱注文してないし・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。