凶暴群の・・・

セイタカアワダチソウが咲き始めました。

いよいよ冬越しに向けての最終段階になって参りました。

毎年気性の荒い蜂が出来てしまいます。
気性の荒い蜂群は概ね強群でやたらと集蜜力が高い場合が多いです。
ですが内検に相当手古摺りますので、やむなく他群に合同して”解散”処置としています。
気性の荒い群の女王蜂を処分してその系統を消しているにも関わらず、やっぱり気性の荒い群が出来てしまうんですね。
今年もやっぱり出てしまいました。

蜂群数のピークは過ぎてるし、もうすぐ冬越しなので少しは落ち着いて来るかと思ったのですが益々荒れ狂う様になって来たので今日その群を仕方なく処分しました。

遺伝的なものは女王蜂の系統だけでなくオス蜂経由でも受け継がれますので中々難しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。