蜂場周りに植えた蜜源植物

本日は気温がグッと下がりまして内検できる状況になかったので、夏の蜜源確保の願いを込めてヒメイワダレソウを一日がかりで植えてきました。

ポットに入ったこ~んなちっちゃいのを

大体の目分量で1m強間隔で植えました。
急な斜面なのと笹を刈って1年程の所なので根がはびこっていて往生しました。

旺盛な繁殖力で爆発的に広がるとのことですがさてどうでしょう?
6月~10月頃まで小さなかわいい花を咲かせるらしいので初夏~秋頃までの貴重な蜜源になってくれればうれしいな。

蜜源と言えば昨年秋にヘアリーベッチの種も蜂場に蒔いていました。

発芽後、冬の間は殆ど伸びませんでしたが、ここのところ徐々に草丈伸びてきている様子。
こちらも(多分)6月頃に開花してくれるはずなので合わせて蜜源として期待しています。

両方とも蜜源としてのみならず、雑草を防止する効果も期待しています。
春以降の草刈りは月イチでやらねばならず、かなりの負担になってましたからね。
効果の程は・・・。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。