ミツバチの予知能力?

前回の記事で1群2王となった群の話を書きました。
あれから2週間経ってしまいましたが、その間、この群で悩ましい事態が発生しました。
先週の内検の際、この群の女王が全く卵を産んでいないことが確認されました。
もう1週間様子を見てみようと言うことで、今日の内検になりましたが、やっぱり卵を産んでいませんでした。
弱小群である上に産卵をしなくなった女王。越冬時期に女王は産卵をほぼ停止することがありますが、この時期に産卵を停止するのはまあ不具王ということでしょう。
今日、仕方なくこの群を他の群に合同させました。
合同して空になった巣箱です。

ミツバチ達は女王がこうなることを察知して敢えて新女王を作ったのでしょうか?
あのまま放置していれば何とかなっていたのでしょうか?
自然の営みの前で人の介入は余計なお世話なんでしょうか?
ちょっと考えさせられた”事件”でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。