ショックな事2題

今日、掃除採蜜しましたが、同時に内検もしました。
プチショックなことと大ショックなことがそれぞれありました。

まずはプチショックなこと。
それは先週入れたまっさらの巣礎。巣盛りが盛んなことは良いことですけれど、よりによっていきなり雄蜂房を作られてしまいました。

ちょっとよくわからないかもしれませんが、画像ほぼ中央はさんで左は普通の働蜂巣房です。でも右側は少し巣房の大きさが大きいと思いませんか?
これは雄蜂用の巣房なんです。器用に極小ブロックを間に挟んで大きめのハニカムを作ってやがる。
まったくもう・・・。お見事ですよ。

さて、大ショックな出来事。
1群だけなんですけど、先週継箱した後に産卵を停止してしまった群が出てしまいました。
全く産卵していません。体格も若干小さくなったような。
山の蜂場の中では割と産卵旺盛な女王だったのに、何がいけなかったのでしょうか?
継箱に上げた巣脾の代わり、産卵圏の確保の為に入れた巣脾は花粉と蜜が貯められていて卵は一個もありません。
継箱にするのが早すぎたのかな?元々そういう女王だったのかな?
どなたかわかる方がいらっしゃれば教えて下さい。

普通なら他群と速効合同なんでしょうが、経験を積む為にももう少し様子を見てみようかとも思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。