スムシ&ダニ

今日は天気予報によれば昼過ぎまで雨&強風って事でしたが、何故かこの辺は雨も降らず、風もまあ少し強かったですがそれほどでもなく。。。ただやたらと寒かったですね。
最高気温が10℃に行ったか行かないか位でした。

昨日できなかった群を内検しましたが、中には明後日位には出房するであろう王台のある群もありました。先週の内検で見逃したんでしょう。なんか超ヤバかったかも。

年がら年中居るスムシですが、ちょっと暖かくなってきたせいもあって少し活動が活発になってきています。ちょっと勢いの弱い群なんですけど、

繭みたいなのがあるので取り除いてみると

直径3mmくらいの穴のなかにこやつが居ました。

スムシはハチノスツヅリガという蛾の幼虫。日本ミツバチにとっては天敵と言えるスムシですが、西洋の場合には、まああまり問題にはなりません。見つけたら駆除するくらい。
巣枠を巣箱から取り出して放っておくとまあ悲惨な事にはなりますし、時には巣箱を穴だらけにしてくれることもありますが。

その他にはダニを抱えた蜂のいる群がありました。
こっちはちょっと深刻。ダニ薬は3月16日に取り出したばかりですのでもう使えません。
継箱群には現在、雄蜂専用の巣礎をいれており、これに大量の産卵をしていますので蓋蜂児になってしばらくしたらこれを取り出しダニを駆除したいと思います。

左端の♂マークの巣枠が雄蜂専用の巣枠です。

この辺りの詳細はまた機会を改めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。