夏蜜の行方・・・

暑い、、、

蜂の内検は長袖、長ズボン、覆面布が基本なのでとっても暑い。ぶっ倒れそうです。
今年は2年ぶりに作業着ビッチョビチョになるほどの暑さになってます。

そんな時は、、、自家製ハチミツで作ったハチミツレモンスカッシュ(塩入)が熱中症対策にはもってこいです。これ飲んで朝から夕方まで蜂の内検してま~す。

この炎天下では蜂の巣が溶けてしまう巣落ちしてしまいそうなので遮光ネットで暑さを和らげてあげましょう。

突然張られた目くらましに暫く蜂達も右往左往、、、大渋滞起こしてましたが賢い蜂達は暫くすると帰還ルートを見つけて無事巣箱に戻って来るようになりました。
まあ、これの目的の半分は人間の方が逝ってしまわない様に・・・というのがあるんですけど。

さて、夏蜜最後の砦、カラスザンショウはただ今満開中???

コンデジ最大望遠でなんとか撮れた花と、それに訪花する蜂達。

産卵圏の確保の為に入れていた巣礎も真っ黄色に巣盛りしたは良いが大量に入る蜜と花粉の為に単なる貯蔵庫になってしまいました。

写真だと黄色の具合がちょっと違うけどまあいいか・・・。

先週まで、割出群には給餌が必要な程蜜が無くて採蜜群から蜜枠を融通して回ったのに、今週は空き巣房にビッチリ蜜貯めてました。

けど、継箱の貯蜜枠に蓋掛けするほどまでに蜜が貯まるかどうか・・・。
今年の夏蜜はアカメガシワ、マサキともに殆ど流蜜しなかっただけに採れるかどうかかなり微妙です。

2 Replies to “夏蜜の行方・・・”

  1. あまりの暑さ、、T-シャツだけで、手抜きもせずの作業でも、大丈夫でしたよ。
    うちの蜜蜂は、午後から夕方にかけて飛んでます。
    蜜蓋がしっかり出来るまで、貯まるかどうか、、、、、でも、例年、お盆過ぎるころから、再び何かの蜜が入るようなので、月末までに採蜜出来ればいいかな、、って思ってます。

  2. ナベショーさん、こんばんわ。

    こちら、近場に見える範囲のカラスザンショウは終わってしまいました。
    夏蜜はかなり蓋掛けされないと糖度が上がらないので中途半端な貯蜜では採蜜できませんね。
    うちはまだダニ処理してませんからお盆前に最後の採蜜して、以降はダニ対策とスズメバチ対策したいのですが・・・。
    今日見てきた蜂場の貯蜜は・・・かなり厳しい状況でした(涙)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。