みつばちの交尾飛行

内検していて未交尾女王が交尾標識を付けているのを目撃した事はあります。
ああ、交尾成功したんだな・・・と。
でも実際に巣箱を飛び出し、帰ってくるところを目撃した事は残念ながら今までありませんでした。

交尾標識とは交尾成功した女王蜂のお尻の先にオス蜂の生殖器の一部が残っている状態のことを言います。

先だって、採蜜・内検等々で忙しい最中、巣門前をうろちょろしている新女王蜂を見かけたので作業を中断してじっくり観察してみました。
その後の作業は押しまくって大変な事になった事は言うまでもありません。

一応動画撮ったので。。。

都合2日間の記録です。
2日ともピーカンの晴れでした。
女王蜂が飛立つ際、お伴の働蜂が誘導するとか、他の巣箱のオス蜂が後を追うとか、そういう特別な様子は全くありませんでした。
ただ、女王蜂が巣門に出てくる前には、少し巣門がざわつくというか働蜂がぞろぞろと出て来て多少賑やかになる感じはありました。

第1日目
・14:55 巣門をうろつく女王蜂を発見、飛立つと巣箱の周りを3周ほど旋回して飛び去る。おそらく初飛行?  15:00 帰還(交尾標識なし)
・15:18 飛立つ  15:29 帰還(交尾標識なし)
・??:?? 見逃し  15:33 帰還(交尾標識なし)
・15:41 飛立つ  15:46 帰還(交尾標識なし)
・16:01 飛立つ  16:02 帰還(交尾標識なし)
結局誰にも出会えなかったのかな?その後30分ほど見ていたがもう現れなかった。

第2日目
巣箱を見に行った瞬間、既に女王蜂が巣門に出ていた。
・14:15 飛立つ 14:16 すぐに戻ってくる(交尾標識なし)
・14:43 飛立つ 15:00 帰還(交尾標識なし)
・15:34 飛立つ 15:54 帰還◆交尾標識確認◆

その後20分程観察したが女王蜂は出てこなかった。
先の動画はこの最後の飛行の際のものです。

で、3日後にそろそろ産卵開始したかなと覗いてみたのですが、蓋開けるといきなり蜂達が旋風行動始めて・・・嫌な予感が、、、、

女王蜂は居らず、よくよく見て見たら巣門前に女王蜂の死骸が・・・・

何があったのでしょうね。何が気に入らなかったのでしょうね。
蜂社会の営みは時々理解しかねる時があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。